大学生になるとよく耳にする、インターンシップ(以下:インターン)という言葉。
 
どのようなものかご存じでしょうか?
 
今回は「インターンとは」「大学何年からインターンを始めればよいか?」
など、インターンについて、ご紹介いたします。
 

【この記事の内容】
・そもそもインターンとは
・インターンの有利点とは
・インターンの種類
・インターンはいつから始めるべき?
・大学1年生からインターンを始めるメリット
・大学1年生からインターンを始めるデメリットと注意点
・大学1年生におすすめのインターン
・ベンチャー企業と大手企業でのインターンの違い

 

そもそもインターンとは

インターンとは、企業が学生に向けて実施している一定期間の就業体験制度です。
 
 

インターンの有利点とは

学生が仕事に対して
 
自己の適正を試せる
 
将来やりたいことを検討できる
 
企業での働き方や組織の雰囲気をあらかじめ把握できる
 
そのような機会を得れることが有利点といえます。
 
 

インターンの種類

ここでは、メジャーな3つのインターンをご紹介いたします。
 

1dayインターン

1日のみのインターンです。
 
企業説明会・企業見学など、企業理解を深めるためのインターンです。
 
 

短期インターン

2日~1週間程度のインターンです。
 
主な内容は、業務体験やグループワークです。
学生同士、社員と学生など、双方向的なコミュニケーションを体験できるインターンです。
 
 

長期インターン

1カ月以上実施されるインターンです。
 
現場の社員と同じような業務にたずさわる。
 
企業で進んでいるプロジェクトの一部に入る。
 
お客さまとのコミュニケーションを行う。
 
など、よりリアルな業務内容に触れられるのインターンです。
 
 

インターンはいつから始めるべき?

最近では、
 
早くから将来に向けて経験を積みたい。
 
さまざまな業界や職種の実務経験を積みたい。
 
就活を有利に進めるPR材料がほしい。
 
そのような学生が多く、大学1年生からインターンを始める方が増えています。
 
 

大学1年生からインターンを始めるメリット

大学1年生からのインターンで得られるメリットをご紹介します。
 

将来を考えるきっかけになる

リアルな職場を数多く体験することで
 
将来やりたいことを明確にできる
 
自分に適性がある仕事を探すことができる
 
などのメリットがあります。
 
 

就労経験が就活を有利に進める材料となる

まだまだ多くない、大学1年生からインターンを始めることで、
 
就活の際に面接官を納得させるPR材料となる。
 
自分が会社の即戦力になれるというアピールができる。
 
など、就活を有利に進められる材料ができます。
 
 

新しい人脈やコミュニティーが広がる

インターンでは様々な方と出会える機会があります。
 
社長など企業のトップレベルの人たち
 
先輩社員など
 
広がった人脈は、将来に良い影響をもたらします。
 
 

給料を稼ぎながらスキルも磨ける

短期や長期インターンでは、給料が出る場合もあります。
 
アルバイトよりも効率よく稼げる可能性
 
給料を稼ぎながらリアルな職場でスキルを磨ける
 
など、様々な有利点があります。
 
 

大学1年生からインターンを始めるデメリットと注意点

大学1年生からインターンを始めることはメリットもありますが、
デメリットもあります。注意点も含めご紹介いたします。
 

アルバイトよりも採用難易度が高い

インターンの面接では、
 
インターン先で何を得たいのか
 
明確な目的意識はあるのか
 
など、鋭い質問をされることもあります。
 
アルバイトより入念な準備が必要なことがデメリットとなります。
ですが、就活での面接の練習にもなりますので、メリットでもあるかもしれません。
 
 

留年には要注意

大学1年生でいろいろなことにチャレンジすることはよい姿勢ですが、
インターンを始める事で、学業がおろそかになり
 
単位取得数を満たせず
 
留年してしまうという可能性もあります
 
学業と両立させることを忘れないようにしてください。
 
 

大学1年生におすすめのインターン

大学1年生向けに、おすすめのインターン先をご紹介します。
 

学業やサークル活動と両立がしやすい企業

大学1年生は取得すべき単位数が多く、比較的忙しい学年です。
 
試験時期を考慮してくれるインターン先
 
サークルの活動日を考慮してくれるインターン先
 
をおすすめいたします。
 
 

研修や教育制度が充実している企業

大学1年生は社会経験もありません、またアルバイト経験がない人もいると思います。
 
研修や教育制度が整っている企業
 
分からないことはきっちりと教えてもらえる企業
 
をおすすめいたします。
 
 

ベンチャー企業と大手企業でのインターンの違い

ベンチャー企業と大手企業でのインターンの違いを知って、
あなたの目的に合った企業を選びましょう。
 

ベンチャー企業でのインターン

ベンチャー企業とは、独自のアイデアや技術を基に、
新しいサービスやビジネスを展開する、小・中規模の企業を指します。
 
インターンのうちから個人に任せられる裁量が大きく
 
社員と同じような業務を経験できる機会もあります
 
一方で、業務量が多く、アルバイトやサークルとの両立が難しい場合もあります。
 
主体性が求められる環境で、チャレンジしたい方におすすめです。
 
 

大手企業でのインターン

大手企業とは、社会的に知名度が高い、あるいは業界シェアが大きい企業を指します。
 
研修や教育制度が充実しておりますが
 
個人が持てる裁量の大きさは少ない場合もあります
 
将来は、社会的に影響力の大きなサービスに携われる環境で就業したい方におすすめです。
 
 

まとめ

今回は「インターンとは」「大学何年からインターンを始めればよいか?」
など、インターンについて、ご紹介いたします。
 
大学1年生からインターンを始めたことで、
 
就活が有利になったりなど、
「早くから経験していてよかった」と思える日が
将来訪れるかもしれません。
 
 
【お知らせ】
BUIVERの中には
新卒採用・インターン募集を行っている
企業様も登録されておられます
「企業ページ」→「企業情報」の中に「企業ホームページへのURL」が載っておりますので確認してみてください。
BUIVERのライブ配信と合わせて観ていただけると「どんな人と働くのか」わかりやすいです!!
 

BUIVERを覗いてみて!!

▼アプリダウンロードはこちらから https://apple.co/3vU73ym