暑くてどうしようもない夏の就活を、
どのようにして乗り越えていけばよいのでしょうか?
 
今回は「夏の就活での服装・身だしなみ」に焦点を当ててご紹介いたします。
 
暑い中でも好印象を獲得して、就活を有利に進めてください。
 

【この記事の内容】
・夏の就活での服装マナー
・夏の面接での身だしなみ
・夏の面接前のおすすめ

 

夏の就活での服装マナー

夏の服装マナーは、第一印象にも関わるので、重要なポイントです。
気を付けていただきたい点がありますので、ご紹介していきます。
 

クールビズの指示があれば従ってもよい

願書要項などに「面接はクールビズでお越しください」と
書いてある場合には、従っていただいて大丈夫です。
 
クールビズの規定は、各企業によって異なりますが、
 
男性はリクルートスーツのジャケットとネクタイがない服装。
 
女性はジャケットを羽織らないこと、
シャツやパンツ、スカートは、通常のリクルートスーツのものを着用する、
 
ことが一般的です。
 
ただし、面接官から「暑いのでジャケットを脱いでよい」という指示があるまでは、
ジャケットは着用しておいてください。
 
※ポロシャツやTシャツなどラフ過ぎる服装は、面接に適していませんので、やめておきましょう。
 
 

指定がない場合はスーツが無難

指定がない場合は、スーツを着用することが無難です。
 
面接での基本的な服装は、スーツです
 
面接官によって価値観は違いますが、スーツを着用していないことで、
印象を下げる場合があります。
 
指定がない場合には、スーツを着用しましょう。
 
 

半袖のワイシャツは避けた方がよい

ジャケットを羽織っていたとしても、
半袖のワイシャツは身に付けない方が無難です。
 
面接官から「暑いのでジャケットを脱いでよい」という指示があった際に、
 
半袖のワイシャツだと印象を下げる場合があります。
 
長袖シャツの上にジャケットを身に付けるのが
正式なスーツスタイルですので、基準に合わせましょう。
 
 

インナーは必ず着用しましょう

インナーを着用せずに汗がワイシャツにしみていると、
相手に不快感を与えてしまい、身だしなみとしてNGとなります。
 
男性は、白か肌色のV、Uネックの半袖を着用しましょう。
 
女性は、色柄が目立たないキャミソールやタンクトップがおすすめです。
 
涼感タイプのインナーを選べば、暑さの軽減にもつながります。
 
 

面接中に汗をかいたらハンカチで拭きましょう

夏の面接に行く際には、必ずハンカチをポケットに忍ばせておきましょう。
 
汗を垂れ流した状態で面接を受けるのはNGです。
 
面接前に、汗を拭いておきましょう。
また、面接の途中にハンカチで汗を拭いても失礼には当たりません。
 
ハンカチは、柄物はNGとなりますので、
スーツや革靴などの色と合わせた柄のものを選びましょう。
 
 

スーツは夏用で大丈夫です。

スーツにつきましては「夏用、冬用」どちらでも大丈夫です。
面接では、夏用か冬用かのスーツの種類をみられることはないためです。
 
 

夏の面接での身だしなみ

夏の面接に合った、身だしなみを整えて、面接官に好感を持てもらいましょう。
ここでは「夏の面接での身だしなみ」をご紹介いたします。
 

前髪が汗で貼り付かないように気を付ける

前髪が汗に濡れて額に付いていると、
清潔感がなくだらしない印象を与えてしまいます。
 
男性の場合は、
 
ワックスやムースで前髪を横に流すか、上にあげてください。
 
女性の場合は、
 
横に流した髪をピンでとめ、ムースなどでセットしましょう。
※前髪をとめたピンは隠すようにしましょう。
 
前髪が長い場合は、横や後ろの髪と一緒に結んでしまってもよいです。
 
額を見せていれば、相手に対して隠しことがない、といった誠実な印象を与えることも可能です。
 
 

汗ジミには注意しましょう。

スーツに汗ジミができていると、相手に不快感を与えてしまうので注意しましょう。
 
・こまめに汗を拭く
 
・制汗剤を使用する
 
・扇子を持ち歩く
 
・移動中はジャケットを脱ぐ
 
などで汗ジミ対策をしましょう。
 
 

におい対策も忘れずにしましょう。

制汗剤を使えば、汗のにおいを軽減させることができます。
 
・できるだけ無香料のもの
 
・強い香りがしないもの
 
・香り付きでも石鹸、ミントなどで香りが強くないものを選び
 
におい対策をおこないましょう。
 
※香水は使用しないようにしましょう。
 
 

夏の面接前のおすすめ

夏の面接を乗り切るコツとして、
面接前にカフェに行く事をおすすめします。
 
効果としては、
 
・冷房が効いているカフェで汗をひくことで、リラックスができます
 
・カフェに寄るつもりで余裕を持って、
準備・移動できれば、心理面にも良い影響を与えられます。
 
・カフェに寄ってスケジュールを見直し、
服装を見直すことで、リラックスができます。
 
夏の面接では、ぜひカフェを有効利用してください。
 
 

まとめ

今回は「夏の就活での服装・身だしなみ」をご紹介いたしました。
 
まだまだ暑い日が続きますが、
 
暑い中でも好印象を獲得して、就活を有利に進めていただけますとありがたいです。
 
 
BUIVERでは、企業のライブ配信を見ることができます!!
 
もしかしたら、これからあなたが面接に向かう
企業のライブ配信も載っているかもしれません!!
 
一度、BUIVERを覗いてみませんか?
 

BUIVERを覗いてみて!!

▼アプリダウンロードはこちらから https://apple.co/3vU73ym