新卒の面接では、実は「聞かれる質問はある程度決まっている」そうなのです。
どんな質問かあるのか?あらかじめ知っておくと便利ですよね。
 
そこで今回は「質問10パターン」「採用担当者が知りたい事」「事前の考えておくべき事」を紹介していきます。
 
知っておくと便利ですので、読んでいただいて、自分なりの回答を準備しておきましょう。
 

新卒の面接でよく聞かれる質問10パターン

質問01「自己PRしてください」
 
採用担当者が知りたい事は
 
・十分に自己分析ができているか?
・自分がどんな人物なのか把握している?
・自分の強味を知っているか?

 
と言う事ですので、
 
自己分析をした上での「自分の強味を伝える回答」を考えておきましょう。
 
 
質問02「志望動機を教えてください」
 
採用担当者が知りたい事は
 
・この人はなぜ当社を選んだのか?
・この人は当社の事をどれだけ調べているのか?
・この人がやりたいことと当社がマッチしているか?

 
と言う事ですので、
 
企業研究を十分に行い「自分はこの会社にどのように貢献したいか」を考えておきましょう。
 
 
質問03「学生時代に頑張ったことは?」
 
採用担当者が知りたい事は
 
・なぜその事に力を注いだのか?
・頑張った事でどのような学びがあったか?
・頑張るためにどう工夫したのか?

 
を知り、当社でどのように仕事をするのかを想像したいためですので、
 
「頑張るためにどう工夫したのだろうか、どんな学びがあったか」を振り返り考えておきましょう。
 
 
質問04「長所と短所を教えてください」
 
採用担当者が知りたい事は
 
・自己分析ができているかどうか?
 
と言う事ですので、自分の長所と短所を分析し、
長所と短所について答える場合は
 
・長所の仕事への活かし方を話せるように
・短所は克服した、あるいはどのように改善を目指しているのか

 
伝えれるように、考えておきましょう。
 
 
質問05「就職後はどのようなことがしたいですか?」
 
採用担当者が知りたい事は
 
・当社で目指している長期的なキャリア
・仕事の取り組み方や目標
・長らく働けるか? 企業とのマッチ度を知りたい

 
と言う事ですので、
「自分の企業で働いている姿」が採用担当者からイメージできるような回答を考えておきましょう。
 
 
質問06「最も苦労した出来事について教えてください」
 
採用担当者が知りたい事は
 
・困難を乗り越える力があるかどうか
・仕事で壁にぶつかった時にどのような考え方をするか

 
と言う事ですので、
 
・苦労をどのように乗り越えて来たか
・苦労からどのように成長できたか
・苦労から何を学んだか

 
を伝えれるように、考えておきましょう。
 
 
質問07「尊敬する人はいますか?」
 
採用担当者が知りたい事は
 
・将来なりたい姿を知るため
 
と言う事ですので、
 
・なぜ尊敬しているのか
・尊敬する人を見習って実践していること

 
を伝えれるように、考えておきましょう。
 
 
質問08「転勤は可能ですか?」
 
転勤の可能性がある職種や部署を志望する場合は
「可能です」と答えるようにしましょう。
 
 
質問09「弊社が第一志望ですか?」
 
採用担当者は
 
・他に受けている企業があることは理解している
・就活中に志望度は変化する可能性がある
・内定後は正直に話してもいい

 
と言う事をあらかじめ知っていて「入社する意思があるかどうか?を確かめるため」
質問していますので「入社意思の確認」をされていると思い
「第一志望です」と答えるようにしておきましょう。
 
 
質問10「最後に質問はありますか?」
 
採用担当者が知りたい事は
 
・当社や仕事への興味があるかどうか
・知ろうとする意欲があるかどうか
・自分を売り込もうとする意欲があるかどうか

 
なので
 
・入社することを前提にした質問
・自分のやりたいことが叶う環境かどうか
・面接中に分からなかったこと、疑問に思ったこと

 
など「特にありません」と言う回答にならないように、質問するように心掛けましょう。
 
※ただし、企業のホームページなどで、調べてわかる事を質問する事は避けましょう。
 
 

まとめ

今回は「新卒の面接でよく聞かれる質問10パターン」をご紹介してみました。
事前に聞かれる事がわかっていると便利ですよね。
上手く利用していただき、内定をいただけと嬉しいです!!

企業研究は BUIVER の「ライブ配信」で!!

▼アプリダウンロードはこちらから https://apple.co/3vU73ym