気軽に連絡を取ったり、その人の好きなことやもの、考えを知ることができるSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)。TwitterやInstagram、LINEもそれにあたります。
今回は、同じ会社の社員同士がSNSで繋がることについて考えてみました。
 
 

職場の人とSNSでつながるメリット

  • SNSを通じてコミュニケーションが深まる
  • その人の好きなもの、ことを知ることができ、そこから共通点を見つけたりとコミュニケーションが取りやすくなります。

  • 悩み等、会社で話せないことを話せる
  • 社内で仲が良くても、会社を出てしまうと通常では連絡ツールがありません。社内で聞かれたくない悩みや相談事もあるかもしれませんね。わざわざ会社のメールで送るようなことではないな、と思うようなことは気軽にやり取りができます。

  • 新たな発見がある

SNSの投稿により意外な特技が見付かり、そこから仕事やキャリアに繋がったり、同じ趣味や考え方で意気投合したり、新たな人脈に繋がったりします。
 
 

職場の人とSNSでつながるデメリット

多くの人と手軽につながれてしまうSNSは、当然ながらメリットばかりではありません。苦手な人から申請がきたら・・・とか、休みの日も仕事の話をしなければならなかったり。本当はSNSでつながりたくないと思っていても、仕事の報連相(報告・連絡・相談)をSNSで取っているため、仕方なく繋がるしかなかったという場合もあります。自分は気軽に連絡ができる良いコミュニケーションツールだと思っていても、相手は必ずしも同じ気持ちとは限りません。事後と関係の人の目を常に気にしなければならない場所になってしまい、SNS自体を苦痛に思ってしまう可能性もあります。
 
 

職場の人からの友達申請回避方法

  • ・プライベートの内容なので・・・と素直に断る
  • ・「いいね」など、あまり反応できないかもと伝えて置く
  • ・公開範囲を意識して設定を変える


 
LINEのように、電話番号の紐づけで1人1アカウントじゃないと難しいもの以外は、職場の人に教えるためにサブアカウントを作っておくのも一つの手です。繋がり方の工夫をして、無理なくコミュニケーションを図りましょう。
 
 

先着200社様、3ヶ月間の無料掲載!

アプリリリースを記念して、先着200社様に対し、3ヶ月間の無料掲載が出来るキャンペーンを追加致しました!
 

キャンペーン応募方法

  1. info@buiver.com宛に「掲載希望」のメールをお送りください。
  2. 弊社より1-2営業日中にご登録のメールアドレス宛に抽選結果を送信!
今なら無料だよ!