いよいよ年末に近づき、待つのは忘年会シーズンですね。
お酒が苦手・飲めない方にとってはストレスを感じるイベントかもしれません。
飲みニケーションという考えもありますが、お酒を無理して飲んだり、強要することは言語道断!お酒が苦手な方が、簡単に回避できる現実的な方法を考えてみました。

 

「飲まない」ことを宣言する

まずは、初めからお酒が飲めないことを周囲に伝えましょう。「お酒を飲まない」というのは個人の自由であり、無理やり飲む必要はありません。それが体質的なものであろうと、ダイエットのためであろうといかなる理由でも尊重されるべき選択です。「少しだけ飲めます」等、迎合する必要も全くありません。何か事故があってからでは遅いですよ。自分の身を守ることを第一に考えましょう。

 

飲めない・飲まない仲間を作る

飲ませようとしてくる人がいる場合は、飲めないことを知っている同僚に囲んでもらうとフォローしてもらいやすいです。また、年齢が上がるにつれ上司や重役の中にはドクターストップ等様々な理由で禁酒している方もいます。飲まない仲間というのは、思いがけないところにいるかもしれませんよ。

 

ノンアルコールビールでやりすごす

始まりの乾杯だけでも雰囲気としてビールを、と考える方は少なくないですよね。一口だけの予定でも、グラス交換制など中身を空けないといけない場合がありますのでオススメできません。そんな時は、「ノンアルコールビール」が良いでしょう。しかし、見た目が似ているため「飲める人」と認識され、勘違いをして次々とビールを注がれてしまう可能性があります。また、他の人とグラスを間違わないように気を付ける必要がありますよ。2杯目からはソフトドリンクで過ごしましょう。

 

絶対に飲めない理由をでっちあげる

「車で来ているので」「お酒を飲んで搬送されたことがある」「健康診断の結果が悪くて・・・」等、嘘でも本当でもしっかり主張すれば、どうしても飲みたくないんだなという雰囲気が相手に伝わります。無理やりお酒を注いできたとしても、口を付けずに丁重に断るようにしましょう

 

まとめ

昨今、飲酒による中毒について報道されることが増え、無理に飲ませないことが当たり前の常識として浸透しつつあります。職場の飲み会で「飲まない人も飲む人もOK」という雰囲気があれば、アルコールが苦手な方もきっと参加しやすいですよね。