2021年も2月に入り、食品(特にチョコレート)関連企業にとっては商戦に入る「バレンタイン」。企業にお勤めの皆さんの中には、プライベートよりも敏感になる時期の方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、バレンタインに職場でチョコレートを渡すべきか・渡さないべきかを考えてみました。
 
 

バレンタインデーって?

「バレンタインデー(St.Valemtine’sDay)」の歴史はローマ帝国の時代まで遡ります。
当時ローマでは、2月14日はすべての神々の女王ユーノーの祝日で、翌日の2月15日はルペカリアの祭りが行われる日でした。このお祭りでは、男性が桶の中から女性の名前が書かれている紙を引き、相手の女性と祭りの間パートナーとして一緒に過ごすことになっていたそう。そして、パートナーとなった多くの男女はそのお祭りで恋に落ち、結婚したと言われています。
しかしこれを受け、キリスト教司祭のウァレンティヌスはかわいそうな兵士たちのこと想い、内緒で結婚式を執り行っていました。
そのことがやがて皇帝の耳にも入り、怒った皇帝は法を無視したウァレンティヌスに罪を認めさせ、二度とそのようなことがないように命令しました。しかし、ウァレンティヌスはそれに従わなかったため、処刑されてしまいました。
 
ウァレンティヌスの処刑日はユーノーの祝日であり、ルペカリアの祭りの前日である2月14日があえて選ばれました。
以降、毎年2月14日はウァレンティヌスが処刑された日として国民でお祈りをするようになったそうです。
 
「バレンタインデー」の「バレンタイン」とは、若者たちの愛を取り込もうとしたキリスト教司祭の名前「ウァレンティヌス」のことだったのですね。今では「ウァレンティヌス」は「聖バレンタイン」という聖人として広く知られています。
 
 

チョコを送るのは日本独自の文化?

日本ではバレンタインデーには主に女性から好きな人へチョコレートを贈ることが主流となっていますが、実は、この習慣は日本独自のものってご存知でしたか?
海外でもバレンタインデーに贈り物をしますが、フランスでは男性から女性にプレゼントを、イタリアではカードやバラの花を贈るのが一般的だそうです。
 

職場で義理チョコを配る?

女性社員がそれぞれ予算を出し合い購入したチョコレートを、男性社員に配るという、毎年の恒例行事になっている企業も少なくないのではないでしょうか。社内で季節の行事を楽しむ「イベント」として大切にする企業では特に問題ないのでしょうが、バレンタインデーだけでなくホワイトデーもあるため、男女平等に時間やお金がかかるという点で懸念されることが多いようです。
 

コロナ禍も影響?

感染症対策の観点から、接触を少しでも減らすために社内でバレンタインチョコを渡すのを控える企業もあるようです。これまでイベントを楽しみに張り切っていた方には残念なお知らせかもしれません。これまで、社内でのバレンタインが苦手だった方には朗報となりますが、これをきっかけにイベントがフェードアウトしていくかも、と考えると少し寂しいかもしれませんね。
 
 

まとめ

皆さんの会社では、今年のバレンタインデーはどのような形で行われますか?
甘いものが苦手な方や、本当は面倒だと思っている方、金欠だからなるべく参加したくないなど、いろいろな方がいると思います。職場でのバレンタイン文化について考えるきっかけとなればいいなと思います。