企業にお勤めの方の中で、「現状のお給料に満足していない」「スキルアップのため」などの理由で副業を検討している方はいませんか?本業だけの収入では満足できない!という方は、副業を持つことで解決できるかもしれません。そこで、副業について調べてみました。

 

副業とは

一般的に、本業のかたわら副収入を得るために行う本業以外の仕事のことを指します。法律による明確な定義はありません。本業への影響・支障、情報漏洩の懸念等を理由に、副業を就業規則で禁じている企業は現在でも多くあり、禁止されている業種は企業によって異なります。

 

副業解禁

政府が「働き方改革」の一環で行った施策がきっかけで、2018年は「副業元年」と呼ばれる年になりました。人手不足の深刻化や柔軟な働き方のため、モデル就業規則から「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」という規定を削除、ガイドラインを改訂しました。働き方の多様化や、人材確保の観点から副業を解禁する大手企業が続々と増え、現在では、Yahoo!やソフトバンク、メルカリなどの有名企業も副業を認めていることを公表しています。
また、スキルアップや社会貢献、理想のライフスタイルの実現などを目標として第二のキャリアを築く「パラレルキャリア」も、収入を目的としないものの、同様に本業以外で活動することを指します。

 

自分の会社は副業可能か

副業を持つには、まずは自分の会社がそれを許可しているか確認しておきましょう。就業規則上では許可していても、人事考課に響いてしまう企業があるかもしれません。あえてオープンにする必要はありませんが、副業を行っても問題視されないような企業風土であれば公表しても問題はないでしょう。

 

確定申告について知っておく

本業では会社が年末調整により手続きをしてくれますが、副業収入についてはアルバイト先で年末調整を行っていない場合は自分で確定申告をしなければなりません。年間20万円以上の収入が出たら確定申告が必要になります。

 

よくある副業

・ウーバーイーツ
言わずと知れたフードデリバリーサービス。
配達パートナーとして登録しておくだけで、稼働できる好きな時に働くことができます。
 
・カーシェアリング
使用していない自家用車を、必要な人に文字通り「シェアする」ことができます。
カーシェアリング仲介サービスに登録し、価格・条件を決めて貸し出すだけで簡単にできます。旅行やデートに車を借りたいという方に需要があるようです。
 
・データ入力
自宅にパソコンがあればできる入力作業は、スキルさえあれば簡単にできます。
 
・覆面調査
飲食店などで行う覆面調査(ミステリーショッパー)は、外食費を抑えることができる上、人気店を試せることで、グルメな人には人気の仕事です。
 
 

まとめ

年収を上げるには管理職という限られた枠を勝ち取らなければならないという概念を捨て、空いた時間で確実な収入を得ることにシフトしていくのも、一つのワークスタイル。多様な働き方を認める一方、副業を認めることは従業員の昇給に消極的とも取れます。経営者として副業を禁止するのであれば、仕事内容に応じてきちんと「昇給」という形で還元することで、社員の流出を防ぐことができるかもしれませんね。