退職を考えている方もいない方も、聞いたことがあるワードではないでしょうか。
近年話題になることが増えた「退職代行」。つまりどんなサービスなのか調べてみました。
 
 

退職代行ってなに?

退職したい労働者に変わって、退職の処理を行ってくれるサービスです。退職にあたり、有休の消化、貸与物の返却などを依頼者の代わりに行います。
 
 

どんなときに使うの?

退職したいのに辞めさせてくれない、「辞めたい」と言い辛い職場環境にいる場合に、退職希望者に変わって退職の意思を伝えて退職を実現します。
 
・退職届を受け取ってもらえない
確かに退職届を提出したはずなのに、「そんなもの受け取ってない」「受理しない」と言われ、なかなか退職することができない。
 
・脅迫される
「懲戒解雇扱いにする」「損害賠償・違約金を支払ってもらう」と脅迫してくる。それが怖くて退職の申し出ができない。場合によっては、退職届を受け取らず破り捨てたりするなど驚くような手を使って退職を妨害するといった行為に及ぶケースも聞きます。
 
その他にも
・辞めたいと相談してから嫌がらせを受けるようになった
・過酷な労働環境・待遇の改善を訴えたら罵声を浴びせられた
・退職をほのめかしたら強引な引き止めにあった 等
 
このように、本人が頑張ってもなかなか会社をスムーズに辞めることが難しい場合があります。また、パワハラを受け続けていたり、人によっては面と向かって退職の意思を伝えることが難しいといった場合もあります。こうした人には退職代行を利用するメリットがあると言えます。
 
 

メリット

・代行業者が間に入ることにより、スムーズに退職できる
・会社に行かずに退職できる
・弁護士による退職代行サービスであれば、法的主張を行う事もできる

 

デメリット

・代行費用がかかる
・会社と良好な関係が保てない場合がある
・弁護士提携業者でない場合、法律に関わる業務が行えない

 
その業者ごとに異なりますが、相場として3万円~10万円程度の費用が発生するようです。有給休暇が取得できれば、数日分で退職代行費用をまかなうことができますね。
 
安価の代行もありますが、弁護士提携の業者でない場合は、法律に関わる業務が行えないというところがネックになりそうです。例えば、残業の未払い金請求や、パワハラなどの慰謝料請求など、代行業者の業務の範疇を越えたものに関しては対応出来ません。
また、弁護士が行う退職代行であれば、退職希望者の正式な代理人となることが出来るため、嫌がらせを行う会社に対処することができるようです。
 
 

まとめ

近年、就業にかんして精神的に追い詰められ、冷静な判断ができなくなってしまう悲しいニュースを耳にすることが少なくありません。そんなとき、ネガティブに捉えられがちな「退職代行」は誰かのセーフティーネットになるかもしれません。知識として知っておいて損はありませんよね。